loading

Infomation

delidelicafe Abbey より

2021年1月19日(水)
 おはようございます。今日のパスタは【カルボナーラ】です。

 学生時代は携帯電話に財布に、よく忘れ物・落とし物をしていました。ゼミで鎌倉・東京へ行った時は、携帯電話を落とし、鎌倉から名古屋まで郵送してもらったことも。落とし物が戻ってこなかった時はありません。財布の中身も全て無事でした。

 しかし、幸運に恵まれていただけですし、落とさないに越したことはありますまい。そのような要望に答えるのがAirTag。ipadなどには「探す」機能があり、GPSでありかを教えてくれるのです。大きさも500円硬化よりも少し大きい程度。

 しかし、この小ささ故に悪用される可能性もあります。ニューヨークではストーカーがAirtagを使っていたと問題になりました。車のバンパーの下に見知らぬAirTagが設置されていたのです

 Apple社は悪用防止として、ユーザー自身のものでないAirtagを検知したときには「“いっしょに移動している”」との警告がiPhoneに届きます。車のバンパーは、この警告で見つかりました。

 しかし、被害者がiPhoneのユーザーだったから届いただけ。そもそもスマートフォンを持っていなければ、気付かなかったことでしょう。

 今後日本で起こらないとも限りません。被害防止の具体策はApple社の対応を待たなければいけませんが、どうか気に留めておいてくださいませ。

2021年1月18日(火)
 おはようございます。今日のパスタは【ペペロンチーノ】です。

 おそらく小学生のころに、アイマスクで視覚障害者の生活を体験したかもしれません。中には車椅子の体験を行なうところもあるそうです

 その一方で、遊び半分で乗ってみたいと言ったら、多くのいわゆる「健常者」はあまり快く思わないのではないでしょうか。好きで歩けなくなったのではないから失礼になる、と。

 しかし、当事者本人がそう考えているとは限りません。例えば昔、車椅子に乗りたかったものの、怒られるのではないかと中途障害者のはつみさんは言います。この思い出を活かし、現在は車椅子体験を積極的に進めています。

 はつみさんの予想通り、喜んで試乗しました。しかし「障がい者の気持ちを分かってほしいという気持ちは」なく、あくまでも「乗り物の一つ」として触れてほしいと語っています。車椅子を色々試した上で、自分に合ったものを見つけ、生活も楽しいそうです。

 もちろん、障害者も人間ですので、考えは人それぞれ。おそらく、障害に否定的なアイデンティティを見出している人にとっては、心穏やかでない気持ちになるかもしれません。

 しかし障害をアイデンティティとして生きている人もいれば、また別の要素にアイデンティティを見出している人もいます。

 そして、これはいわゆる「健常者」にも言えましょう。学生時代の専門、性別、学歴、家系、職場での役割、趣味、国籍などに様々な要素にアイデンティティを見出しています。その中の一つに「健常者」と「障害者」があるのかもしれません。

2021年1月17日(月)

 おはようございます。今日のパスタは【ベーコンのトマトソースパスタ】です。

 表現技法の一つに反語法があります。あからさまに反対のことを言い、強調する技法。例えば「人類は賢い。だから戦争がやまない」などが挙げられましょう。説明は野暮ですが、賢いはずなら戦争は止められるはずなので、「人類は賢い」は正反対の意味で使われていると解ります。「人類は愚かだ」と直接言うより皮肉が込められていると言えましょう。

 この表現技法は英語などにもあります。例えば日本語では「ググれカス」とあからさまな罵詈雑言ですが、英語では「Google is your friend」。直訳すると「グーグルはお友達」。一見、柔らかく聞こえますが、この柔らかさこそ皮肉の源泉です。他にも英語の反語法として、「That is a very brave proposal(それは勇敢な提案ですね)」は「馬鹿げてる」など。

 もちろん、状況とあからさまに矛盾する場合に限り、反語法として成立しますので、状況次第では額面通り、褒め言葉の可能性もあります

 ちなみにこの「Google」で検索エンジン全体を示していますが、これは提喩になります。典型的なのは「花見」の「花」。例えば「花見行こう」と誘われて「何の花?」と聞き返しません。また「何かお酒買ってきて」と頼まれれば、「ワイン」でも「ビール」でもなくまず「日本酒」を買うでしょう。もっと言えば花見の席で「アルコール買ってきて」と頼まれて、工業用アルコール、消毒用アルコールは買いません。

 このように、提喩は言葉の階層を使って特定の言葉を指し示します。

 さらに言えば「Google is your friend」は擬人法も使われています。

 反語法や提喩などの表現技法は文学研究の修辞学という一分野です。聞き馴染みがなくとも、「レトリック」と言えば思い当たるかもしれません。古代ギリシャ、ローマ時代から綿々と受け継がれてきました。レトリックと言うとどうしても、詭弁と結びつけられがち。しかし、近年の研究で認知の枠組みと密接に結びついていると明らかになったのです。

 今後、研究が進めば、発達障害には反語法や提喩が通じにくいなどが解るかもしれません。

 

2021年1月14日(金)
 おはようございます。今日のパスタは【バジルベーコンパスタ】です。

 今朝起きたら、うっすら雪が積もっていました。毎回、センター入試の時には雪が降ります。センター入試は昔は共通一次試験と呼ばれていましたが、大学入学共通テストに変わりました。また受験方法も多様化し、AO入試、自己推薦なども出てきています。

 しかし大学進学率は意外と低く、2020年度では54.4%。短期大学、専門学校の入学生などの高等教育を含めても、83.5%。つまり約5人に1人が高等教育を受けていないのです

 もちろん、進路は人それぞれ。本人の希望でそのまま就職した人も、家庭の事情で進学を諦めた人もいるでしょう。つまり自分の周りが大学進学率100%であっても、それは観測の範囲が狭いので、当てにしてはいけません。

 大学進学なら解りやすいのですが、他のことにも当てはまります。例えば結婚。周りが全員、結婚しているからといって、全員が結婚しているとは限りません。アンコンシャス・バイアス(unconscious bias)と呼ばれ無意識の偏見とも訳されます。

 もちろん本人の性格にもよりますが、このような無意識の偏見から発せられた言葉は善意であっても不満が残りかねません。

 例えば子どもがいる女性社員に対して、上司から「お子さんがいるから、出張は他の人にお願いするね」と言ったとしましょう。気遣いが成り立つには「家事・育児は母親の役割のはず」「子どもがいる女性社員は育児で忙しいから出張したくないはず」という前提で発せられています

 もちろん、そのような女性もいるでしょうが、相手の女性も同じ考えとは限りません。

 そしてこの無意識の偏見を持っていると、モチベーションの低下につながりかねないのです。もちろん、男女間だけではありません。障害者といわゆる健常者の間でも起こりえるのです。

2021年1月13日(木)

 おはようございます。今日のパスタは【鶏肉の明太子パスタ】です。

 もし、見知らぬ相手からUSBメモリーが送られてきたら……、ほとんどの人は差し込まないでしょう。しかしFBIによれば、「2021年8月以降、米国の貨物業界や保険業界、防衛産業の企業を中心にUSBデバイスが同封された身に覚えのない郵便が送られてきたという報告をFBIは受けている」そうです。

 実は中身を見たくなるように誘導していると言います。一つは「米保険福祉省」を騙り、「新型コロナ感染症対策のガイドラインが入っている」と書かれています。日本で言えば、厚生労働省の名を騙るようなものです。

 もう一つは、Amazonのギフトを装い、USBメモリーを送りつける手口です。

 また落とし物を装う手口もあります。この辺りは地域差もありましょうが、2016年にイリノイ大学が調査したところ、48%が拾ったらパソコンに差し込むと明らかになりました。

 知らないUSBメモリーを差し込むとマルウェアに感染する可能性があります。「BadUSB」と呼ばれますが、別にUSBだけではありません。

 例えば東京オリンピックのなど社会情勢に乗じて、マルウェアに感染させようとする事例は過去にも起きています。また懸賞の当選を装う手口はメールやブラウザ上で何十年も前からありました。

 メールの添付ファイルだから危険なのではありません。知らないファイルが危険なのです。どうかお気をつけて。

2021年1月12日(水)

 おはようございます。今日のパスタは【カルボナーラ】です。

 英語圏では単語の頭文字をとって略します。例えばPersonal ComputerをPCと略すように。一方の日本では「パソコン」と単語の2音節をそれぞれ取って略す傾向があります。「パソコン」だけではありません。「木村拓哉」を「キムタク」、宮藤官九郎を「クドカン」と呼ぶなど、芸能人の名前にも当てはまります。

 果ては自分のことを棚に上げて他人を非難する時に「お前が言うな」と言いますが、インターネットではこれが略されて「おまいう」などともいいます。

 今に始まったことではありません。そしてこれは諺などにも。例えば、「藪をつついて蛇を出す」が「やぶへび」、「眉に唾を付ける」が「まゆつば」となっています。更に遡れば「経世済民」が略されて、「経済」になるなど、この傾向は古くから続いてきました

 

 そして、今、新入社員が「釈迦に説法」を「釈迦セポ」と略したと会社のCEOがツイートして話題になっています。このCTOに非難の意図は全くなく、むしろ面白がっています。

 SNSでの反応も「語感最高」という声の他、「2022年流行語になる予感」という声も上がっています。経済の貨幣と同様、言葉は普及してこそ意味を持つもの。この新語は広まっていくのでしょうか。

2021年1月11日(火)
 おはようございます。今日のパスタは【ペペロンチーノ】です。

 出世魚のブリ。「わかな」から「はまち」を経てブリに至ります。特にブリは冬が旬。照り焼きなどで食べる人も多いと思います。

 しかし、解凍方法を間違えると食中毒になります。例えば、常温で解凍した後、ブリの照り焼きを食べて夫婦が頭痛や蕁麻疹などを訴えた事例があります

 原因はヒスタミン。これはアレルギーの原因物質でもあります。アレルギーは免疫反応でヒスタミンが出て、蕁麻疹などを引き起こします。

 赤身の魚にはヒスチジンが多く含まれており、ヒスタミン産生菌はこれをヒスタミンに変えます。つまりアレルギー症状のもととなる物質を、食べ物から摂取してしまったのです。

 しかもヒスタミン自身は加熱しても分解しません。その上、外見の変化や腐敗臭もないのです

 今回の一件は常温で放置してヒスタミン中毒になりましたが、「0℃~10℃で保存していても、ヒスタミンができてしまうことがあります」。したがって冷蔵庫で保存していても、ヒスタミン中毒になる可能性があります。

 冷凍庫で速やかに保存し、解凍の際は「冷蔵庫など短時間のうちに解凍してください」。もちろんブリだけでなくマグロやカツオなどの赤身魚にも言えること。

 どうかお気をつけて。

2021年1月10日(月)
 今日のパスタは【ベーコンのトマトソースパスタ】です。新成人の皆様、おめでとうございます。

 昨今ではSDGsという言葉も盛んに報じられるようになりました。Sustainable Divelopment Goalsの略で、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」。貧困をなくそうなど17項目に渡る目標があります。

 もちろん、SDGsは大切であり、ともに考えていかなければいけません。しかし、「平和と公正をすべての人に」や「グローバル・パートナーシップ」目標は壮大な目標。恥ずかしながら、筆者は具体的に想像がつきません。

 身近な項目は「すべての人に健康と福祉を」。もちろん医療体制の拡充、生活保護、障害者年金などが国の施策としては挙げられます。しかし、一人一人が健康的な生活に気を配らなければなりません。

 そのためには趣味を充実させることです。この17か条がインターネットで公開されて、Twitterで作題になりました。その名も「Sustainable OTAKU Goals」

 デザインもピクトグラムを使っており、本家SDGsを踏まえていると解ります。例えば、「法令とマナーを守ろう」などはコミックマーケットの徹夜組に限らず、「撮り鉄」にも当てはまりましょう。また、「人は人、自分は自分」の項目は作品の解釈だけでなく、人生そのものにも言えます。価値観の相違から苛立ち、出世・結婚・書籍化から嫉妬するなど人間は他人と比べたがります。もちろん、競争心から意欲を掻き立てられ、発展してきました。しかし、他人と比較して落ち込むのもまた事実。

 また、このsustinableには「持続可能な」以外にも「耐えられる」の意味があります。もちろん耐えなければいけないような社会はともに改善しなければいけません。しかし生老病死など耐えなければならない悲しみもこれから出てくるでしょう。

 そのような時は「お風呂に入る」などで休養を取ってください。文章などの創作をしていらっしゃるのなら、悲しみを表現すると癒やしに繋がります。

 趣味を大事にこれからの社会に羽ばたいていってください。そしてお互いにsustinableな人生を!

2021年1月7日(金)
 おはようございます。今日のパスタは【バジルベーコンパスタ】です。

 今日は七草粥の日。正確に言えば人日の節句です。「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、これぞ春の七草」という七五調の音律は聞き覚えがあるかもしれません。

 古代中国から伝わる風習。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休めるためだとも言われており、日本でも祝い事が続いていたと窺わせます。しかし昨今では新暦の1月7日に七草粥を食べますが、本来、旧暦の1月7日。

 門松も「松の内」と呼ばれ、地域差はありますが、1月7日になると片付けます。

 ヨーロッパではクリスマス・リースは1日6日に片付けます。クリスマスから12日目の夜なので「十二夜」。遠く離れているにも関わらず、日本と違いはわずか1日。

 類似点はこれだけに留まりません。クリスマスの祝い事が1月6日の夜まで続きました。つまり、ヨーロッパでも胃腸がさぞかし弱っていたと伺えましょう。

 文化の意外な共通点に思いを馳せながら、七草粥を食べるのも悪くないかもしれません。

2021年1月6日(木)
 おはようございます。今日のパスタは【鶏肉の明太子パスタ】です。

 今朝、出勤時に舞っている雪に気付きました。厚手のジャンパーからダウンコートへ。

 ところで冬、何かとお世話になるジャンパーですが、英語ではjumperと綴ります。したがってジャン<バ>ーは日本語の訛りで正しくありません。その証拠にデジタル大辞泉の見出し語はジャンパーとなっています。

 しかし、このジャンバーという書き方は1947年にはすでに見られていました。例えば武田泰淳の小説『蝮のすゑ』には「皮ジャンバーにつつまれた部厚い彼の肩や腰を眺めた」と書いてありますし、林芙美子も「浮雲」で「ジャンバアのチャックをまさぐりながら」と書いています。

 ジャンパーとジャンバーだけではありません。例えば、四日市市四郷地区ではビスケットをピスケットと言います。他にもギブスとギプス。gipsと綴るので、本来はギプス

 ただしプロマイドとブロマイドは別の概念。マルベル堂によれば、原紙を「ブロマイド (Buromaido)」、写真にした製品を「プロマイド (Puromaido)」と呼びます。

 一説によると、古代の日本語には元々「ハ行」と「パ行」の区別はありませんでした。半濁音自身、ポルトガル人宣教師がキリシタン文献を広めるために、用いられたのが最初だと言われています

 半濁点が濁点になる背景として、日本語本来の音が関わっているのかもしれません。

2021年1月5日(水)

 おはようございます。今日のパスタは【カルボナーラ】です。

 今日は寒いですね。それもそのはず小寒。寒の入りで、寒さはこれから大寒の一月二十日まで本格化してきます。「火の用心、マッチ一本火事のもと」と言われましたが、今は「乾燥しているので火の取り扱いにはご注意ください」という文句に変わりました。

 昨今は便利になり、屋内にいれば、小寒、大寒なども意識しなくなりました。体温を検知し、AIで風向き、温度を調整するなど暖房器具はますます便利になっていきます。

 そして暖房器具だけに留まりません。自動運転の掃除機なども出ています。しかし組み合わせ次第では火災の原因になりかねません。

 東京消防庁のサイトによると、ロボット掃除機が電気ストーブを動かし、ソファなどの可燃物に引火する事例があったと報告しています。原因は3点:

(1)電気ストーブが押されて移動する。

(2)電気ストーブが押され、移動しながら向きを変える。

(3)電気ストーブのコードにからまり、思わぬ方向にストーブが動く。

 公式You Tubeチャンネルでは再現実験を行なっています。

 この事故を防ぐには「ロボット掃除機を自動運転する場合は、電気ストーブのコードを抜」くこと。AIと言っても万能ではありません。むしろ人間の命令を愚直なまでに実行しているだけです。

 AIに任せてあるから安心するのではなく、人間が想像力を働かせながら機械を使うべきだと言えましょう。

 マッチ一本火事のもと、ではなくこれからはコード一本火事の元なのかもしれません

2021年1月4日(火)

 明けましておめでとうございます。今日のパスタは【ペペロンチーノ】です。

 今年は寅年。大なり小なり今年の目標を立てた人もいるのではないでしょうか。目標達成をどのように達成するかは、虎が出てくる小説「山月記」が参考になるかもしれません。文豪ストレイドッグスで聞き覚えがあるのではないでしょうか。

 舞台は唐。時は天宝時代末。李徴は詩人を志していますが、才能があるが故に、傷つくのを恐れています。初めは下級役人になりますが、プライドが高く、長続きはしません。ある日、発狂し、行方不明に。

 この翌年、袁が皇帝の命令で長旅をしていると、虎が襲いかかってきます。すんでのところで虎が身を翻し、くさむらに身を隠しますが、そのくさむらから李徴の声が。

 李徴は気が付いたら、虎になっていたと語り、これを「臆病な自尊心」と、「尊大な羞恥心」のせいだと語ります。もちろん、物語の筋こそ現実離れしているのですが、目標達成の秘訣が隠されているのです。

 「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」。この二つがキーワード。そう、李徴の自尊心を比喩的に表したもの。昨今で言えば、小説家になりたいと言っておきながら、批判を恐れ、新人賞はおろかインターネット上でも発表しないで他人の作品を悪口を言っているようなものかもしれません。

 もちろん寡作の作家もいますが、短編の名手モーパッサンなどは250以上の作品を書いています。

 そしてこれは小説などの芸術だけに限らず、一般的な目標にも言えましょう。例えば、ダイエット。例えば勉強。

 上手く行かなかったらと不安になるより、まずは運動。それで上手くいかなかったら、次のアイディアを試せばいいんです。

 ちなみに、アイディアは思いつき次第、挑戦することを勧めます。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と言いますが、ある程度狙いは定めないといけないにせよ、まさにその通り。

 上手くいかなくても、酒を煽って大虎にだけはならないように!

Abbey新メニュー

 チーズ味噌カツ丼、500円(税込み)

Delica Abbey 今日のお弁当

 年末年始、体調を崩しやすい時期です。ご自愛ください。

 年末年始ですが、弁当宅配サービスは12月31から4日まで、店内でのお召し上がりは1月3日まで、お休みいたします。

 さて、今月のお弁当はエビフライ【5日】、カニクリームコロッケ【18日】に加えご飯のお供に最適、味噌ダレ焼き肉【30日】なども!(下記のメニューをクリックすると拡大できます)

 なお、お早めにお召し上がりください。

【Dipps協賛企画について】

 Dippsは協賛企画として、知的・精神障害者制作のアニメーションをYoutubeにて公開しております。

※スクロールすれば過去の作品をご覧いただけます。